芸能マネジメント
コース

経営学部 芸創プロデュース学科

芸能&マスコミ分野などエンタメ業界で
マネジメント力を発揮するリーダーを育成。

DAWを駆使した音声の編集、ダンス、ボイストレーニングといった実技科目で表現技術を学びます。また芸能の文化的背景を理解した上で、芸能ビジネスの特性を理解。マーケティングや会計学、組織論など経営科目を習得することで、芸能ビジネスの中核を担う人材をめざします。自分の中に眠っていた才能や新たな夢と出会える刺激的な環境です。

特色ある科目

芸創プロデュース演習


学内で行う事のできるSNSを使った個人もしくは団体表現と学内イベントのプロデュース

DAW(コンピューター音楽制作)


現在の商業音楽においては欠かすことのできない、コンピューターを用いた音楽制作。その基本ツールとなる“DAW”(デジタル・オーディオ・ワークステーション)と呼ばれるソフトウエアの操作を実体験し、実際に曲作りをしながら音楽制作の手法を基礎から学習します。
あわせて、そのために必要となるコード、リズムをはじめとした音楽のしくみや、商業音楽における楽曲制作の実際的な流れを学びます。
なお、希望する学生には音楽電子事業協会が主催する「MIDI検定」に対応した指導も行います。

ボイス・トレーニング


様々な歌唱のシーンやジャンルにおいて、聴き手により一層伝わり響く歌唱を表現することができるようになるために、正しい発音・発声方法を身につけ、音楽的技法とともにそれらが歌唱において最も重要である感情の表現方法と密接に関係していることを理解し体得します。

エンターテインメント論


エンターテインメントは人間の生存のために必須ではありません。しかし、日常生活や文化を豊かにするために、欠くことのできないものです。本授業では、なぜ人間はエンターテインメントにお金を払うのかという問いの下、この問いを、マーケティング理論、消費者行動論、心理学、脳科学、ビジネスモデル論、法学などの知見に基づいて解明していくことを教育目的とします。

ダンス


様々なジャンルのダンスを基礎から会得し、エンターテインメント性を強化すると共に、講義にてダンスを文化として取り入れる事ができるようになります。

コースのポイント

エンタメ的発想力を鍛え起業精神について論じる「芸能ビジネス論」、イベントを企画立案し可能であれば開催まで行う「イベントマネジメント」、音楽を多角的に応用する「音楽文化論」など個性的な講義が豊富!

在学中に取得可能な資格

ファッションビジネス能力検定/色彩検定/ファッション販売能力検定/インテリアコーディネーター/イベント検定/知的財産管理技能士3級 etc.

将来の進路

  • 1

    音楽関連分野を目指す

    プロダクションスタッフ、アーティストマネージャー、アーティストプロモーター、音楽ビジネスプロデューサー等の音楽関連分野を目指している人のためのコースです。

  • 2

    音大への進学も可能

    将来さらに深く学びたい学生は、音大大学院への進学も可能です。

  • 3

    資格取得にも対応

    所定の科目の履修により、3年終了時までに上級ビジネス実務士の資格も取得できます。

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学生向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。

全国高校生ビジネスプランコンテスト

本学では高校生を対象に「全国高校生ビジネスアイデアコンテスト」を開催。全国の高校生を対象に、2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に沿ったビジネスのアイデアを公募します。