音楽やダンスなどの表現技術の他、経営面の知識や能力を
身につけて、エンターテインメントビジネスを担う人材に。

専門科目を通して芸能の文化的背景を理解し、その上で芸能ビジネスの特性を学習。DAWやダンス、ボイストレーニング等の実技科目で表現技術を学び、マーケティングや会計学、組織論など経営の基本項目を修得して、芸能ビジネスの中核となる人材を目指します。

特色ある科目(一部抜粋)
メディア文化論
エンターテイメント論
コンピューター音楽制作
ダンス
ボイストレーニング

将来の進路

音楽関連分野を目指す

プロダクションスタッフ、アーティストマネージャー、アーティストプロモーター、音楽ビジネスプロデューサー等の音楽関連分野を目指している人のためのコースです。

音大への進学も可能

将来さらに深く学びたい学生は、音大大学院への進学も可能です。

資格取得にも対応

所定の科目の履修により、3年終了時までに上級ビジネス実務士の資格も取得できます。

在校生の声

「アーティストライブのダンサー出演や
学内プログラムでの韓国留学など、
視野が広がる経験をたくさんできました。」

4年 水城 優季さん

系列校の芸能コースから進学しましたが、芸能関係の充実したカリキュラムはこの大学ならでは。高校で学んだことをより高められる授 業内容が整っているので、迷いはありませんでした。ダンスやDAW(コンピューターによる音楽制作)、ボイストレーニングといった実技 はもちろん、外部講師の先生から聞く「芸能界のリアルな話」なども、とても興味深いです。学ぶうちにマネジメントへの関心も高まり、将 来はプレイヤーとしてだけでなく、ダンススタジオの運営や育成など、経験を活かせる仕事に就けたらいいな、と思っています。また、学内 のプログラムで韓国への短期留学も経験し、海外に向けて視野を広げる転機になりました。今はK-POPと韓国語の勉強に夢中です!`