SDプログラム

一人ひとりの個性を活かす。

1年次から4年次まで一人ひとりの個性を活かしたキャリア教育を実践しています。
1年次:キャリアデザインⅠ、2年次:キャリアデザインⅡ、3年次:キャリアデザインⅢ、4年次:専門ゼミⅡを中心に親身な学生指導で、社会で求められる力が身につきます。その他インターンシップ支援や就職活動支援など、他大学では見られない面倒見の良い充実した内容となっており、卒業時の学生満足度も抜群です。

一貫教育

マンツーマン指導

1年次から4年次まで学生の個性を活かしつつ
専門性を深めるゼミ授業を実施

経験豊富な専門スタッフが、
一人ひとりの個性や夢に合わせてバックアップ

SDプログラムの流れ

1年次

  • 1年次ゼミ(SDセミナー)

    大学生活の過ごし方、学修、研究の方法を習得します。

  • キャリアデザインⅠ

    4年後の自分を見つけるキャリアプランを作ります。

  • 語学履修

    英語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語
    ・ロシア語・日本語 ネイティブの先生が中心に担当。

     

    学修・生活指導

    各学期、成績・出席に基づいて、クラスカウンセラーが面接指導。
    一緒に一人ひとりに合ったキャリアプランを作っていきます。

  • ROSE留学制度

    イギリスの名門、オックスフォード大学へ約1カ月間留学する制度
    グローバル特待生留学制度も利用できます。

     

    短期・中長期留学制度

    交換留学制度を用いて、
    あこがれの海外留学でキャリアアップ。

2年次

  • 2年次ゼミ(基礎ゼミ)

    ロールプレイングやブレーンストーミングなどの技法、レポート作成の基礎を学びます。

  • キャリアデザインⅡ

    新しい時代を生き抜くために必要な能力は何かを考え、「大人」となって社会に出ることを目標とします。

  • 資格取得講座

    実用英語技能検定(1~3 級)/TOEIC®/サービス接遇実務検定試験/秘書技能検定試験/ビジネス能力検定ジョブパス(B検)/MOS/ITパスポート試験/日商簿記検定 他

3年次

  • 3年次ゼミ(専門ゼミⅠ)

    研究テーマ、課題を設定し、社会人としての意識や就職意識を高める指導を行います。

  • キャリアデザインⅢ

    社会人として重要なことを知る時間とし、自分らしいキャリアを描き、ダイバーシティマネジメントのスキルを得ます。

  • 就職対策・支援

    業界企業研究会/求人情報/SPI対策講座/企業開拓/オフィスアワー/インターンシップ報告会/OBOGアドバイザー/教養基礎講座/就活セミナー/就活相談

     

4年次

  • 4 年次ゼミ(専門ゼミⅡ)

    卒業課題のテーマ、研究を高めるとともに就職、進学、起業などの進路指導を行います。

  • 公務員合格・進学支援

    公務員採用試験対策講座/進学相談/大学院進学支援/官公庁インターンシップ支援/公務員セミナー/説明会

PICK UP!

オフィスアワーのダブルサポート

クラスカウンセラー(担任制)

就職・進学・資格取得の相談など、クラスカウンセラーはもとより、充実のオフィスアワーにより専門の教職員になんでも相談できます。一人ひとりの夢の実現に向けたきめ細かなサポートが特徴です。

学内企業説明会

企業の人事担当者に、大学に来ていただき企業説明会を実施します。説明会後に面接や書類選考を行う企業も多数あり、就職のチャンスを増やすことが可能です。OBOG企業も多数参加しています。

SD PROGRAM TALK

自己分析と業界研究を通して最適な学びと進路を見つける

経済学部 商学科 ホテル・観光ビジネスコース 2年 長濱 里奈さん(福岡県/私立星琳高等学校出身)
経営学部 グローバルビジネス学科 教授 竹田津 知子先生

学生:ツアープランナーをめざしています。
先生:今後ますますAIやデジタルの技術が導入されて、数年後の旅行・観光業界は“求める人材”も変わるはず。3~4年後を見据えた業界研究もしっかり行いましょうね 。

あと、SWOT分析も大事ですよ。
学生:SWOT分析、授業でやりました!
先生:コロナ禍の影響で社会が変動しているから、1・2年次は進路を絞りすぎず様々なチャンスに触れて視野を広げてほしいな。
学生:実は航空業界にも興味があって…。
先生:いいですね!ならば英語が必須。オンライン留学などの選択肢もあるので、ぜひ検討してみてください。

卒業後の未来を切り拓くために就職活動も親身にバックアップ

経済学部 健康スポーツ経営学科 スポーツマネジメントコース 3年 徳永 蓮慈郎さん(熊本県/熊本県立大津高等学校出身)
経済学部 健康スポーツ経営学科 講師 冨田 剣太郎先生

学生:プロのサッカー選手をめざしてスポーツ一本に絞るか、家業を継承するために社会に出て就職するか、この先の進路に悩んでいます。
先生:大学生活のゴールは、「自分の道を切り拓くこと」だと思います。サッカーの練習に励みながらも、合間に企業の情報収集やOB訪問、インターンシップで視野を広げておくと将来の可能性が広がるので、後々の自分の為に今どう動くかを意識して、限りある大学生活の中で一つでも身につくことを増やしましょう。
学生:インターンシップは先日参加しました。
先生:ぜひ、そこで得た人脈を大事にしながら今後の就職活動に繋げてみて。満足できる進路のために、先生もしっかりサポートします!

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学生向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。

全国高校生ビジネスプランコンテスト

本学では高校生を対象に「全国高校生ビジネスアイデアコンテスト」を開催。全国の高校生を対象に、2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に沿ったビジネスのアイデアを公募します。