ホテル経営や旅行・関連産業のマネジメントを学び、
日本の観光立国推進を担う“ホスピタリティ・マインド”を持つ人材に。

急増する訪日観光客への対応や、東京オリンピックに向けたホテル・観光ビジネスの充実は喫緊の課題。当コースでは実践的な人材育成を目的に、旅行業務取扱管理者やおもてなし検定などの資格取得にも取り組みます。

特色ある科目
観光文化論/観光政策論/現代ツーリズム論/ホスピタリティビジネス/ホテル実務  etc.
在学中に取得可能な資格
高等学校教諭1種免許(商業)/税理士/リテールマーケティング(販売士)検定(2・3級)/TOEIC®/旅行業務取扱管理者(総合・国内)/旅程管理主任者(ツアーコンダクター)/世界遺産検定/ビジネス能力検定/秘書技能検定/実用英語技能検定(1〜3級)/パソコン検定/簿記検定(日商1〜3級)/公認会計士/証券外務員/証券アナリスト(CMA)/ファイナンシャル・プランナー/サービス接遇検定 etc.
卒業後の進路
外資系企業/ホテルなどのホスピタリティ関連企業/旅行代理店/総合レジャー産業  etc.

将来の進路

幅広い分野での活躍を目指す

旅行業、航空会社、JR、空港関係、ホテル、レストラン、イベント企画や自治体など幅広い分野で活躍が期待できます。

ホスピタリティ・マインドで サービス分野の大きな力に

ホスピタリティ・マインドで サービス分野の大きな力に

資格取得にも対応

ニューツーリズムは、街づくり、地域振興、国際交流、歴史や自然環境保全などのNPOツーリズムや障害者に優しいバリアフリーツーリズムなど、これからの新しい分野での活躍が期待されています。

卒業生の声

「留学生と一緒に取り組んだ
訪日旅行企画コンテストで奨励賞を受賞。
海外研修や資格取得と
充実した学生生活を送っています。」

荒牧 直道さん

高校の部活でやっていたゴルフが続けられて、観光ビジネスの勉強もできる大学を探していたのですが、日本経済大学のホテル・観光ビジネスコースでは資格取得に力をいれていることや、課外活動、海外の文化体験ができる点が決め手になりました。印象に残るのは、タイの学生たちとふれあい、さまざまな文化の違いについて学んだ7日間のタイ研修。また、JATA九州支部主催の『訪日旅行企画コンテスト』では、「外国からの旅行者を増やすためにはどうしたらいいのか」を各国からの留学生と一緒に考えてプレゼンし、奨励賞を頂くことができました。資格取得にも力を入れていて、国内旅行業取扱管理者試験は学内での資格講座を受講して無事合格。熱心に指導してくださった先生方に感謝しています。