会計の国際基準にも精通した幅広い知識と高い問題意識を持ち
グローバルに活動する、税や会計のスペシャリストに。

企業や消費者の立場から財務情報にもとづく企業評価を行い、資産の管理、運用、保全のために必要なノウハウを身につけます。また、経営についても具体的な手法を学ぶことができる、充実したカリキュラムです。

特色ある科目(一部抜粋)
簿記原理
会計学
原価計算
税務会計論
会計監査論

将来の進路

財務・会計部門での活躍

会計の国際基準に精通した幅広い知識と高い問題意識を持った人材として、グローバルに活動する企業の財務・会計部門、ひいては経営を担うことを目指すことも可能です。

税や会計のスペシャリスト

企業の分析の具体的手法を学び、税や会計のスペシャリストとして税理士・公認会計士・中小企業診断士を目指すことができます。

検定取得をサポート

企業の「健康診断」に欠かせない簿記の知識を深化させるために検定取得についても積極的に支援しています。

在校生の声

「1年生で簿記を学んで、
社会に出てから役に立つと感じ、
簿記の知識をもっと深めたいと思って
このコースを選びました。」

2018年3月卒業 村本 麻緒さん

本当は地元で進学するつもりでしたが、バレーボールの特待生として声を掛けていただいたので、必要とされるところで頑張りたい、と思い入学しました。入学したての頃は留学生が多いことにびっくり。でも今では彼らと普通に会話していて、環境って大きいなと思います。
財務会計の授業では億単位など桁の大きな数字を扱い、覚えることも多くて、税理士の仕事の大変さを実感しました。学生生活でいちばん頑張ったのは部活。1年生でリーグの新人賞をいただいたことが、何よりうれしかった。これから社会人になり、まったく知らない世界で覚えることもたくさんあると思いますが、まずは先輩にきちんと仕事を教わり、後輩に教tえられる先輩になって、会社に貢献できるように頑張りたいです。