教員紹介

  • 福岡キャンパス
  • 経済学部 経済学科

平 誠一 教授 Seiichi Taira

大学教育というものは、単に知識を身につけるだけではなく、それをいかに応用するかということも大事になってきます。
そのためにも、最低限の専門的リテラシーを身につけ、
与えられた情報を適切に理解し処理する能力を高めることが求められます。
本学は様々なコースを用意し、徹底した専門教育を施します。
ぜひ、本学で学び、即戦力として未来に向けて大きく羽ばたいていただきたいと思っております。

略歴

学部:久留米大学 法学部 法学士
大学院:久留米大学 比較文化研究科 前期博士課程修了 法学(修士)
大学院:久留米大学 比較文化研究科 後期博士課程単位取得満期退学

キーワード

プライバシー、個人情報保護、知る権利、情報公開

担当科目

政治学,国際政治外交史,国際政治,S.D.Seminar, 基礎ゼミ, 専門ゼミⅠ・Ⅱ,地域貢献Ⅰ・Ⅱ

専門分野

公法学
政治学

主な研究テーマ

イギリスにおけるプライバシーの保護

趣味

鉄道模型、写真(撮影)、パソコン(組立)

公開講座

選挙に行こう~主権者としての心構え~

所属学会・主な社会活動

【所属学会】
比較法学会
九州法学会

主要著作・論文・発表等

【主要著作】
共著
『リーガルスタディー法学入門〈第3版〉』(2006年)

【論文】
単著
「イギリスの判例に見る公益免責と情報公開-1942年ダンカン事件から1994年ウイリー事件までの主な判例の分析を中心に-」(2004年)
「イギリス1998年人権法の水平的効力-プライバシー保護に関する判例・学説の分析を通して-」(2005年)
「イギリスにおけるプライバシー保護の現状-1998年人権法施行から10年を経て-」(2011年)
「イギリスにおけるプライバシー保護の論理」(2015年)
「イギリスにおけるプライバシー保護の動向-訴訟原因の変遷を見る-」(2017年)

【発表】
「イギリスにおけるプライバシー保護の動向-訴訟原因の変遷を見る-」(九州法学会第121回学術大会)

教員一覧へ
ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。