【2020年東京五輪出場内定!】本学OB 外薗潤平選手がセーリング男子470級で出場!

2019.09.26

2020年に行われる東京五輪。セーリング男子470級の外薗潤平選手の出場が決定しました。9月25日に行われた記者会見にて外薗選手は「気を引き締めて頑張っていきたい。メダルの色は金がいい。」と金メダル獲得への意気込みを語りました。

 

外薗選手は日本経済大学 経済学部の卒業生で、在学中からヨット部に所属しセーリングの練習に励んでいました。セーリングを始めたのは高校時代。風の力のみで走っていく爽快感や自然と一体になる感覚に魅了され、「競合に入りたい」という気持ちから高校卒業後は日本経済大学に進学しました。

本学を卒業したのち、九州旅客鉄道株式会社に就職。会社のサポートを受けつつヨーロッパ遠征や国内へのトレーニングなど五輪を目指して精力的に活動しています。

 

今回、五輪への出場が内定した外薗潤平選手(左)