NEWS

太宰府「梅」プロジェクト「太宰府の梅トライアルアワード」で本学学生らが試作品を発表

12月17日、太宰府市の梅を使った試作品を発表する「太宰府の梅トライアルアワード」が行われました。

本学から、商学科のリーダーシップの授業で、株式会社Quick Connectのカンレス社長(本学OB)と共同で開発した、太宰府の梅で作った台所用梅スプレー「梅bye・菌(ばいばい・きん)」と台所用石けん「梅爽風(梅soap)」(いずれも雑品扱い)を発表しました。

台所用梅スプレー「梅bye・菌(ばいばい・きん)」

台所用石けん「梅爽風(梅soap)」

発表では、太宰府市の楠田大蔵市長やマスコミの前で、試作品製作の経緯や使い方などを商学科の張昆さん(2年)とカンレス社長、商学科の上野真二教授が紹介しました。

発表した試作品は、今後テストなどを繰り返し、来年度中の製品化を目指しています。

左から張昆さん・カンレス社長・上野真二教授

発表の様子

また、太宰府市の日本茶専門店・三十三茶屋様の試作品「都府楼の大福茶」を、本学地域連携センター・経済学科竹川克幸教授が監修・協力を行って共同開発し、発表しました。

竹川教授が監修・協力を行なった「都府楼の大福茶」

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学生向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。

全国高校生ビジネスプランコンテスト

本学では高校生を対象に「全国高校生ビジネスアイデアコンテスト」を開催。全国の高校生を対象に、2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に沿ったビジネスのアイデアを公募します。