お知らせ

日経大・福岡第一・薬科大付属高・リンデン生徒・学生によるウクライナ避難民学生支援 募金活動を実施

本学は、ウクライナのキエフ国立言語大学の避難民学生の受け入れが現在進んでいますが、学生の生活費などを多くの皆様から広くご支援頂くために、日本経済大学の学生と関連する3校の生徒らによる募金活動を実施します。

本学は岸田文雄首相のウクライナからの避難民の積極的な受け入れ表明に呼応し、教育分野でその一躍を担うべく、2020年より提携を結んでいるキエフ国立言語大学で日本語を学ぶ学生を72人を受け入れることになり、避難民学生は昨日までに、計48人が福岡に到着しています。

また、昨年来より予定しておりました、キエフ国立言語大学2人、リヴィウ国立工科大学1人の交換留学生も今月15日に来日しました。本学では3月より1年間、避難民学生・交換留学生の両学生に対し、授業料の全額無償化の支援を行うと共に、安全で安心な居住環境を確保し、継続した学びの機会を提供します。

募金活動は、日本経済大学の学生(代表:濱口倖歩・芸創プロデュース学科2年)と、都築学園グループ関連校の福岡第一高校、第一薬科大学付属高校、リンデンホールスクールの生徒10名が行います。集まった支援金は、キエフ国立言語大学とリヴィウ国立工科大学学生の今年3月から1年間の教育教材・生活等にかかる費用、サポートスタッフ・通訳などの人件費に充てられる予定です。

ウクライナ避難民学生支援募金活動について

日時:4月1日(金)午前9時〜正午 午後3時〜6時

2日(土)午前9時〜正午 午後2時〜5時

場所:福岡パルコ前(福岡市中央区天神)

ウクライナからの避難民学生 福岡空港到着の様子

日本経済大学 学生代表 濱口倖歩(芸創プロデュース学科2年) コメント

「ウクライナ避難民学生の皆さんの少しでも力になりたくて、今私たちに出来ることを考え、日本経済大学とグループ校である福岡第一高校、第一薬科大学付属高校、リンデンホールスクールの生徒と一緒にこの募金活動を始めました。一つ一つの力は大きな力になると思います。」

 

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。