日経大 学生紹介

【学生広報部】4年生インタビュー【國永 翔太さん】

文 安波郁

 

今回は、卒業を間近に控えた日経大学生広報部の4年生2人にインタビューを行いました。
本学に入学した決め手や大学生活を振り返って成長したこと、部活動のことなど様々な質問に本音で答えてもらいました!
これから入学する新入生や在校生の方もこの記事を読んで大学生活の参考にしてみてください。
(聞き手は安波郁)

 


國永翔太さん

 

Q1. どうして日本経済大学に入学を決めましたか

硬式野球部の推薦をもらい入学を決めました。部活は2年の後半で引退をして選手マネージャーといった裏方役として活動を行いました。

 

Q2. 大学に入学後どのような生活に切り替わりましたか

野球部で選手として活動を行っていたころは高校生の頃とあまり変わりはなく毎日野球に打ち込み忙しかった。引退してからは忙しい日々とは変わってゆっくりとした生活を過ごすようになりました。

 

Q3. 広報部に入った動機は

ビジコンに参加をしていろいろな先生とかかわる中で、動画編集のできる僕に先生が動画編集を広報部で行ってほしいと声をかけていただいたため入部を決めました。

 

Q5. 大学生活でやってよかったこと

ビジコン。そこで知り合った方から人脈が広がり、学生広報プロジェクトチームBLUE ROSEのマネージャーとして活動ができたり、広報部への入部が決まったりしたためビジコンに出場してよかったです。

 


熊本城にて


「ららぽーと福岡」でのLaLa文化祭にも参加

 

Q4. 部活を通して身についたこと

カメラマンとして活動する中で、撮影許可などをとるときに相手の方とお話をする機会が多かったため、コミュニケーションスキルが身につきました。

 

Q6. 他大学との交流はあるか

あります。学外活動でNHK主催のごみ拾いや西日本新聞社が開催する西スポotto!学生ゼミに参加をしました。
そこで、他大学の学生と一緒にごみ拾いを行ったり、ゼミの時間外にもメンバーで集まって企画を考えたりといった貴重な経験ができました。

 

Q7. おもしろかった授業は?

韓国語。アルバイト先の居酒屋によく韓国人のお客さんが来ていて韓国語に興味があったため履修をしました。
英語は苦手でしたが、韓国語は覚えやすく楽しかったです。

 

同じく学生広報部4年生の福山雄大さんにもインタビューしています!
<<福山さんのインタビューはこちら>>

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。