NEWS

ソーシャルビジネスⅠB「ソーシャルインパクト評価について」の公開授業を実施

12月4日、一般社団法人グラミン日本でCOOを務める中川理恵客員教授による「ソーシャルビジネスⅠB」の授業に多摩大学社会的投資研究所 客員教授・主任研究員の小林立明氏をお招きし「ソーシャルインパクト評価について」というテーマで公開授業を行いました。

ソーシャルインパクト評価とは、ある活動が社会に与えるインパクトを定性的・定量的に把握し、それを元に価値判断を加えることを言います。
授業では、近年急速に発展してきたソーシャルインパクト評価についてクイズなどを交えながら解説しました。

 

 

講義の中では、実際には社会や環境に良い影響がないにも関わらず、あたかも「社会や環境に良い」というように宣伝する「インパクトウォッシング」や「グリーンウォッシング」についても触れ、「その活動が社会課題の解決に向けてどのような変化をもたらしたかをデータに基づいて価値判断するのがソーシャルインパクト評価。データに基づいて価値判断をしていくことで”インパクトウォッシング”や”グリーンウォッシング”をなくしていくことができる」と説明しました。

その後、中川客員教授がCOOを務めるグラミン日本の活動をもとに、ソーシャルインパクト評価を行うにあたっての具体的なステップについて解説したほか、営利企業による「サステナビリティ経営」についても紹介しました。

 

 

最後に社会的インパクト評価を行う意義について紹介し、「社会的インパクト評価はサステナビリティ経営を推進するうえでも有効。投資家や顧客、従業員に情報を発信することで信頼を得ることができ、企業活動の向上に繋がる」と話していました。

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2024

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。