NEWS

インターンシップ・工場見学を実施 両国の架け橋としての活躍を期待

本学ウクライナ人学生・ブリヂストンにて就業体験

本学で学ぶウクライナ人学生を対象に、株式会社ブリヂストン(所在地:東京都中央区、Global CEO:石橋秀一)様がインターンシップ及び工場見学を実施してくださることになりました。

 

本学は、今春、提携を結んでいるウクライナのキーウ国立言語大学で日本語を学ぶ学生65人を避難民学生として受け入れ、当初より予定していたキーウ国立言語大学、リヴィウ国立工科大学の交換留学生3人と合わせて68人のウクライナ人学生が学んでいます。本学在学中の4年生13名は全員がキーウ国立言語大学の卒業試験を合格し、多くが日本での就職を希望しています。本学としても、学生たちがこれまで学んだ知識や経験を活かし、学生たちのスキルを社会人として最大限活かせるよう、全面的にサポートしていきたいと考えております。

 

世界150以上の国・地域で事業を展開するブリヂストングループでは、ウクライナへの人道支援の一環として、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)や国際赤十字を通じた総額約5億円の寄付のほか、食料、医薬品等の物資支援に取り組まれています。今回、本学の受け入れや取り組みにご賛同いただきウクライナの学生たちに就業体験や工場見学といったキャリア教育を受ける機会を提供していただきます。

 

【インターンシップの概要】

1. 期間:第1回 2022年8月29日(月)~2022年9月9日(金)
第2回 2023年1月26日(木)~2023年3月20日(月)※
※当該期間において2週間のインターンシップを2回実施予定

2. 人数:計14名(予定)

3. 対象:日本経済大学にて受け入れを行っているキーウ国立言語大学及びリヴィウ国立工科大学の避難民学生・留学生のうち
ブリヂストンでのインターンシップを希望する学生

4. 内容:学生のスキルや希望に応じ、製品輸出に係る貿易実務やデータサイエンスを活用したコア技術開発などの業務に従事予定

 

【工場見学の概要】

創業の地である福岡県久留米市にあるブリヂストン久留米工場にて工場見学を実施されます。

日付:第1回 2022年8月23日(火)
第2回 2022年8月26日(金)

人数:計64名(予定)

 

 

株式会社ブリヂストン 取締役 代表執行役 Joint Global COO 東 正浩のコメント

創業者の出身地に近い日本経済大学と共同支援を行うことにより、今回の危機で困難に直面しているウクライナ避難民学生・留学生の一助となれるよう全力で応援していく所存です。また、当社従業員にとっても、ウクライナの学生の皆さまとの交流を通じ、多くの学びと更なる多様性の理解促進を進める機会にさせてもらいたいと思います。

安心・安全で、すべての人が自分らしい毎日を歩める社会が確保されるよう、一日も早く平穏な日々が訪れることを従業員一同願っています。

 

日本経済大学 学長 都築 明寿香のコメント

この度は、ブリヂストングループ様に本学のウクライナ人学生のインターンシップの受け入れ及び工場見学の機会をいただき感謝申し上げます。学生にとっても、日本を代表するグローバル企業で就業体験ができる素晴らしい機会になるかと思います。今回のブリヂストングループ様にいただいた経験を通して、母国の復興に寄与できるきっかけになり、日本とウクライナの架け橋として活躍できることを期待しております。

]]>

 

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学性向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。