NEWS

「屋上の空 こうして音楽で生きてきた」刊行記念 松隈ケンタ教授 ミニストアライブ&サイン会を開催

本学の教授であり、音楽プロデューサーの松隈ケンタ氏の半生記を描いた「屋上の空 こうして音楽で生きてきた」の刊行を記念したミニインストアライブ&サイン会が18日(月・祝)、六本松蔦屋書店(福岡市中央区)で行われました。

会場には、ファンをはじめ、音楽に興味のある人などが集まり、若き日の苦労や映画音楽の作り方など書籍の内容を垣間見ることができるトークショーが繰り広げられました。また、書籍のタイトルでもある「屋上の空」をはじめとするアコースティックミニライブ、サイン会なども行われ、会場は大いに盛り上がりました。

松隈ケンタ教授は、この書籍を通して、「これまでの経験が今に繋がっている。辛いことがあると諦めがちだが続けているといいことがあるかもしれない」というメッセージを伝えたいと語りました。

また、今月30日、久留米シティプラザで、松隈ケンタ教授「久留米ふるさと大使就任式」が行われる予定です。

「屋上の空 こうして音楽で生きてきた」
9月16日(土)発売
発行:クラウドボックス
価格:1400円+税

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。