NEWS

【学生の皆様へ】厚労省より、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」がリリースされました

今月19日、厚生労働省より新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」がリリースされました。

COCOAはスマートフォンのBluetooth機能を利用したアプリで、他のスマートフォンに近接した際にその情報を記録。過去14日以内に近接した人にPCR検査で陽性反応が出た場合は、その情報を本人にのみ通知します。接触にいち早く気がつくことで検査等の対応を早期に行うことが可能です。アプリの利用でご自身やご家族・ご友人など大切な方の健康や安全を守ることにつながる他、利用者の増加による感染拡大の防止も期待されています。

 

また、アプリの使用にあたって、氏名や電話番号・メールアドレスといった個人の特定できる情報の入力は不要です。加えて、接触情報も暗号化したうえで本人の端末にのみ記録され、14日間が経過した後で自動的に無効化されるため、行政機関や第三者によって情報が収集されることはありません。

 

「App Store」または「Google Play」から「接触確認アプリ」で検索する他、厚労省HPに掲載されているQRコードからアプリをインストールできますので、ご自身や周囲の安全を守るためにもぜひご利用ください。

接触に気づいた際の対応について

 

※どちらもクリックで拡大表示できます。

 

厚生労働省からの情報発信

 

●厚生労働省 新型コロナウイルス接触確認アプリ チラシ

 

●新型コロナウイルス接触確認アプリについて(概要)

 

●アプリ利用者向けQ&A

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学生向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。

全国高校生ビジネスプランコンテスト

本学では高校生を対象に「全国高校生ビジネスアイデアコンテスト」を開催。全国の高校生を対象に、2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に沿ったビジネスのアイデアを公募します。