NEWS

九州学生室内テニス選手権大会の女子シングルスで倉岡彩夏さんが初優勝

令和5年度九州学生室内テニス選手権大会の男女シングルス決勝が2月16日、福岡市の博多の森テニス競技場で開催され、女子個人で倉岡彩夏さん(経済学科2年・沖縄尚学高等学校出身)が初優勝、男子個人で堤優希さん(経済学科2年・折尾愛真高等学校)が準優勝に輝きました。

また、女子ダブルス決勝では、倉岡彩夏さん、毛利優奈さん(健康スポーツ経営学科1年・佐賀商業高等学校出身)ペアが準優勝を果たしました。

同大会は本年度を締めくくる大会で、九州学生ランキング上位者からなるチャンピオンシップ大会に位置する大会です。

倉岡彩夏さん

今大会は初戦から決勝戦まで、自分のメンタルの成長を感じることができました。いつもは苦しい場面や強い相手のときに精神的に引いてしまうことが多いのですが、今回は常に前向きで強気に、テニスを楽しみながら試合をできました。

特に決勝戦ではチームメイトの応援がとても力になりました。テニスは個人競技ですが、1人じゃないと感じることができ、ポイントを取ると、喜んでくれているみんなを見て試合自体とても楽しくプレーすることができました。

これに満足することなく、また次の試合に向けて体力、技術、精神すべてを強化し、良い結果が残せるよう精進します。ありがとうございました。

堤優希さん

今回、準優勝できたことを大変うれしく思います。この2年間、学生大会ではなかなか結果が伸びませんでしたが、たくさんの方々による応援やサポートがあり、優勝とはなりませんでしたが結果を残すことができました。

まだまだ未熟ではありますが、自分のテニスを通じて誰かを笑顔にしてあげるなど“恩返し”ができるように日々努力していきます。


女子ダブルスで準優勝した
毛利優奈さん(写真左)と倉岡彩夏さん(写真右)

毛利優奈さん

大会前にけがをしてしまい、ペアである先輩に迷惑をかけてしまいましたが、色々な方のサポートもあり決勝まで進むことができました。

準優勝という結果に満足せず、これ以上の結果が残せるように頑張りたいと思います。


硬式テニス部のみなさん

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。