NEWS

株式会社戦国 代表取締役 西田圭氏が登壇

公開授業「eスポーツのチーム運営について」を実施

11月27日、株式会社 戦国の代表取締役社長 西田圭氏を講師としてお招きし、公開授業「eスポーツのチーム運営について」を実施しました。
株式会社戦国は九州・福岡を本拠地とするプロeスポーツチーム「Sengoku Gaming」の運営会社で、チームの運営を通じて「eスポーツ」という文化の普及発展に向けた取り組みを進めています。

講義では、近年急速に発展しているeスポーツのビジネスモデルやチーム運営について解説。
野球やサッカーといった他のスポーツとの共通点や相違点、日本と世界の違いについて触れ、「日本では大会を運営する会社を中心としたビジネスモデルだが、世界ではチームが業界を牽引している。”eスポーツ先進国”と呼ばれる国々のようになるためには、日本でもチームが中心となって盛り上げるような形にしていくことが必要」と話していました。

 

 

また、同社はプロスポーツチームとしての活動のほかに「eスポーツを知ってもらうための活動」を推進しています。
講義で紹介されたSengoku Gamingのホームスタジアム「eSports Challenger’s Park」は、単なるスタジアムではなく、チームとファンとの交流の場や気軽にeスポーツに親しめる場としても活用されています。西田氏は「オンラインだけだと選手の人となりも、なかなかわからないと思います。オンラインのいいところも活かしつつ、人と人との繋がりを持てる場を作っていきたいです」と話していました。

その他にも、同社はこれまで地域のショッピングモールで親子大会を開催したり、中学校で全生徒参加型のeスポーツ大会を開催したりといった活動のほか、シニアと小学生で一緒にプレーすることで世代間交流を促進する活動などを実施しており、そうした活動についても紹介されました。

 

 

講義の最後には質疑応答が行われ、事前に募集していた質問に西田氏が回答。
その中のひとつ「将来eスポーツ関連の職に就く場合、どのようなことが求められますか?」という質問に対しては、「もちろん技術も必要ですが、eスポーツに限らず仕事というのは必ず最後は人と話し合って進めていきます。また、異なる世代や他社の人とのコミュニケーションも求められるので、さまざまな世代の方々ともたくさん話しておくことはとても重要だと思っています」と答えていました。

 

 

本学 経営学科には、eスポーツ・アニメ産業コースを開設しています。
同コースでは、eスポーツやアニメなどのコンテンツ産業を牽引する人材を育成するため、コンテンツ産業の企画・運営や関連ビジネスの動向について実務経験者から学べるカリキュラムを実施しています。

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2023

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。