NEWS

イングリッシュガーデンで飼育している白鳥の雛10羽が孵化

 

4月10日、福岡キャンパス内にあるイングリッシュガーデンで飼育している白鳥の卵が孵化し、10羽の元気な雛が生まれました。12日には園内の池を泳ぎ始める様子が確認されるなど、誕生した雛たちは元気に育ち始めています。

イングリッシュガーデンは1996年に「日英学術文化交流締結記念」として、イギリスのガーデナーを招いて作られた英国風庭園です。

2018年7月に水害の被害を受けたことによりしばらく閉園していましたが、改修工事をへて昨年6月にリニューアルオープンしました。現在は、年末年始・お盆を除いて地域の方々に無料で開放しており、園内のバラが見頃を迎えるシーズンには多くの方が散策に訪れています。また、今年の春バラは4月の下旬ごろに開花する見込みとなっております。

お出かけの際には、ぜひ福岡キャンパス内にありますイングリッシューガーデンへお立ち寄りください。

 

 

 

ページの先頭へ

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2022

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2023

2023年4月入学生向けの大学案内デジタルパンフでご覧いただけます。

全国高校生ビジネスプランコンテスト

本学では高校生を対象に「全国高校生ビジネスアイデアコンテスト」を開催。全国の高校生を対象に、2015年に国連が採択したSDGs(持続可能な開発目標)」の考え方に沿ったビジネスのアイデアを公募します。