日経大トピックス

福岡キャンパス

大学生活×Apple Watch
~Apple Watch で学生生活が変わる~



執筆・福山雄大

私が普段から愛用している Apple Watch。学生や社会人、男女問わず身に着けているのをよく目にしています。でも正直、Apple Watch は高価だし、特に大学生活において必要ないように感じますが、私は Apple Watch を購入し大学生活だけでなく、日常生活においても効率化できました。

購入するきっかけとなったのは、20歳を迎える自分へのご褒美。以前から携帯電話は Apple 製品の iPhone を使用しているので、機械式の時計ではなく、Apple Watch を購入しました。普段、時計を身に着けることがなく、オシャレアイテムの一つとして購入しました。スマホを使用せずに時計からスケジュールを確認したり、コンビニで支払いをすることは時代の最先端を生きているみたいでかっこいいと感じ憧れていました。
私が購入したのは、Apple Watch SE で 40 ㎜サイズと 44 ㎜サイズもあるのですが、画面は大きい方が見やすいと思ったため、44 ㎜サイズを購入しました。

私が Apple Watch を使用して一番便利な点は、携帯電話に通知が来た際に、Apple Watch を通じて通知の内容を確認できる機能です。

現在大学ではオンライン授業も多く、課題の提出であったり、教授に分からないことを質問する際にチャットを使用する場面が多く、Apple Watch はそれを即座に知ることができ、返信することができます。実際、LINE の通知や Teams の通知をすぐに確認することができ、通知をとどめることなく即座に返信することができています。これによりコミュニケーションの円滑化ができたと感じています。

続いて紹介する機能は、キャッシュレスでの支払いです。現在世界中でキャッシュレス化が進み、クレジットカードや携帯電話で支払いができる店が増加しています。

iPhone も Apple Pay や PayPay などの支払いサービスが利用でき、わざわざ Apple Watch は必要ないと思っていました。ですが実際は Apple Watch を使用すると、とても効率よく支払いが出来ます。 iPhone だとまず携帯電話を取り出し、 Apple Pay を使用する場合は、サイドボタンを押した後、パスコードを解除すると利用できるようになり、PayPay だとパスコードを解除し、アプリを開き、バーコードを見せるといった手間がかかります。

これでも十分早いですが、Apple Watch だと携帯を取り出す手間が省け、パスコードも解除することなく、Apple Pay の場合はサイドボタンを押す、PayPay の場合だとアプリを起動するだけで使用することが出来ます。手間が省け、支払いが出来る Apple Watch はとても魅力的かつ、効率的でかっこいいと感じました。

私は Apple Watch を使用し始めてから使用する前と比べ毎日が楽しく生活の質が向上したように感じます。

Apple Watch があることにより、今日の予定や現在の時刻など、自分が求めている情報を手軽に、素早く入手することができます。音楽を聴くとき iPhone を使わなくても、AirPods を Apple Watch で操作することもできます。今回紹介した機能以外にも、魅力的な機能は多くあります。学生で Apple Watch の購入を検討している方は、学割もあるので、ぜひ「大学生活×Apple Watch」を体感してみてください。

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2024

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。