NEWS

【地域貢献】詐欺被害を未然に防いだ本学卒業生サプコタ・サリク・ラムさんが本学訪問

偽電話詐欺被害を未然に防いだとして、福岡県警うきは警察署より感謝状を贈られた日本経済大学卒業生のサプコタ・サリク・ラムさん(30)=福岡県朝倉市=が12月20日、本学を訪問し、都築明寿香学長に経緯を報告してくれました。松本一朗副学長とゼミ担当の経済学科竹川克幸教授も同席しました。

 

サプコタさんはネパール・バグルンの出身で来日9年目。2015年4月に日本経済大学経済学部経済学科に入学し、経済学や日本語を学びました。2019年3月、日本経済大学を卒業し、現在、ファミリーマート久留米田主丸店(久留米市田主丸町)の副店長を務めています。

 

10月24日、顔なじみの60代の男性客が携帯電話をかけながら、普段は買わない電子マネーカードを5万円分買おうとしたため、不審に思い、声を掛けたところ、「パソコンに突然連絡が入りました。カードを買うように指示されました。」と相談されました。詐欺と直感したサプコタさんは男性客の携帯電話を借り、「私は息子です。」と返答すると、相手は外国人らしい人物で、何も言わずに電話を切ったので、詐欺被害を未然に防ぐことができました。

サプコタさんは「コンビニの仕事ではお客様の動きをよく見ています。類似の電話詐欺は前にもありました。こういう形で母校に来ることができて本当にうれしい、とても幸せです。」と笑顔で語り、後輩の留学生のために行政書士の資格取得を目指すなど今後の夢についても語ってくれました。

 

都築学長は「サプコタさんの勇気ある行動がすごいとあらためて感じました。その場でとっさによく機転が利きましたね。日本語力も素晴らしい。卒業生として誇らしい気持ちです。感謝申し上げます。」と答え、サプコタさんに記念品を贈りました。

 

都築明寿香学長に経緯を説明するサプコタさん

福岡県警より感謝状を贈られたサプコタさん(右から2番目)

ページの先頭へ

日経大 留学体験記

本学の学生が海外に留学し、そこで学んだことや経験したことを「体験記」として掲載。
留学をしてみたい方もまだ迷っている方も是非ご覧ください!

Tri-tone

Tri-toneは松隈ケンタ教授による特別ゼミ「松隈ゼミ」の一環として結成された、学生によるグループです。
松隈教授とゼミの学生たちで制作した本学テーマソングの歌い手を務めます。

BLUE ROSE

「BLUE ROSE」は芸創プロデュース学科で学ぶ有志の学生により2021年 7月に結成された学生広報プロジェクトチーム。
学内外のイベントで歌やダンスのパフォーマンスを披露し、本学をPRしています。

ウクライナ避難⺠学⽣⽀援基⾦

当基⾦では本学で学ぶウクライナからの避難⺠学生に継続した学びの機会を提供するための寄付⾦を募集いたします。

SDGs実現に向けた本学の取り組み

特別授業や産学連携など、SDGsへの理解を深めるとともに、目標実現に向けた取り組みを行なっています。

オープンキャンパス2024

迷っていても大丈夫! 日経大を体験して、未来の進路を見つけよう!

大学案内2024

2024年4月入学生向けの大学案内をデジタルパンフでご覧いただけます。

福岡県SDGs登録事業者

本学は「第4期福岡県SDGs登録事業者」として登録されました。「福岡県SDGs登録制度」はSDGsに積極的に取り組む企業や団体を県が広く公表し、SDGsへの貢献を「見える化」する登録事業です。