マンガ・ゲーム業界で求められる能力を習得。
個人の持つスキルを高め、「好き」を仕事にする。

近年、インターネットの発展にともなって、急速に成長しているマンガ・アニメ・ゲームなどのコンテンツ産業。
コンテンツ制作と経営学の知識を兼ね備えた、クリエイティブかつアクティブな能力を育成します。

特色ある科目
マンガ・コンテンツ演習/マンガ・ゲーム文化論/コンテンツ産業論/エンターテインメント法務/メディア文化論 etc.
在学中に取得可能な資格
中学校教諭1種免許(社会)※/高等学校教諭1種免許(地理歴史・公民)※/高等学校教諭1種免許(商業)/上級ビジネス実務士/上級情報処理士/マイクロソフト オフィス スペシャリスト・エキスパート/ITパスポート/ 簿記検定(日商1〜3級)/実用英語技能検定(1〜3級)/TOEIC®/ビジネス能力検定/秘書技能検定/経営学検定/サービス接遇検定/日本語能力試験(N1・N2)/BJTビジネス日本語能力テスト(J1・J2・J3)/統計検定/オラクルマスター/G検定(ジェネラリスト検定) etc. ※東京渋谷キャンパス経営学科で取得可能
卒業後の進路
ゲームプランナー/ゲームデザイナー/アニメ制作進行/アニメーター/コンテンツビジネス/キャラクタービジネス/IT・通信業界/インターネット・広告・メディア etc.

コース紹介クイズ

各コースの専門分野にちなんだクイズを出題。クイズに参加して、コースで学べる内容を楽しく学びましょう!

【科目名:マンガ・アニメ・ゲーム演習 入門】
Q: マンガ・アニメ・ゲーム演習の授業では、実際プロの漫画家が使用するペンを使った描画の授業があります。そのペンの名称は何でしょうか? 以下から選んでください。

① Gペン 
② Mペン
③ Cペン



A. ① Gペン

【科目名:エンターテインメント論】
Q: カメラで撮影したものをスクリーンに投影し、それを大勢の観客が鑑賞するスタイルの「映画」を発見した人物は誰でしょうか?

A. リュミエール兄弟

発明王のエジソンもキネトスコープという映画のような装置を発明しましたが、エジソンのものは装置をのぞき込んで鑑賞するスタイルであり、一度に一人しか見ることができませんでした。
現在の映画のスタイルを確立したのが、リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフです。 最初期の作品としては、『工場の出口』や『ラ・シオタ駅への列車の到着』などがあります。(YouTubeで検索してみよう!)