経営学をベースに、マネジメント能力と「食」にまつわる深い知識、
教養を携えた「フードビジネスのスペシャリスト」を養成。

経営に関する幅広い知識とともに「食」についての深い教養を備え、実践的な行動力を持つ人材を育成するコース。飲食店、食品販売、素材開発といったフードビジネスのマネジメントや、起業に結びつくアントレプレナーシップも学べます。

特色ある科目
フードビジネス/食文化論/食と健康/食と安全 etc.
在学中に取得可能な資格
中学校教諭1種免許(社会)※/高等学校教諭1種免許(地理歴史・公民)※/高等学校教諭1種免許(商業)/上級ビジネス実務士/上級情報処理士/マイクロソフト オフィス スペシャリスト・エキスパート/ITパスポート/簿記検定(日商1〜3級)/実用英語技能検定(1〜3級)/TOEIC®/ビジネス能力検定/秘書技能検定/経営学検定/サービス接遇検定/日本語能力試験(N1・N2)/BJTビジネス日本語能力テスト(J1・J2・J3)/統計検定/オラクルマスター/G検定(ジェネラリスト検定) etc.
※東京渋谷キャンパス経営学科で取得可能
卒業後の進路
外食業/飲食サービス関連企業/ホテルなどのホスピタリティ関連企業/食品販売業/総合商社/コンサルタント/起業 etc.

在校生の声

「食肉の生産から販売まで携わった 高校での経験と英語力を活かして、 将来は食品の輸出入を
取り持つポジションに。」

3年 比嘉 明好さん

日本経済大学に進んだ第一の理由は、ネイティブの先生による英語での授業と、留学制度が充実していること。英語ゼミの授業はすべて英語で行われ、夏にはグローバル特待生制度でイギリス留学も経験しました。農業高校で食肉の生産から加工・販売に至るまでを実践的に学んできたので、その経験を活かしてもっといろんなことにチャレンジしたいと思い、フードマネジメントコースへ。高校時代に企業との共同研究でプロジェクト長を務めるなど、企業の方と接する機会も多かったので、企業の経営や戦略、研究開発にも興味を持っていました。経営を学び、さらに英語力を磨いて、将来は食品の流通、特に生肉の輸出入を推進していくような仕事をしたいと考えています。