公開講座「令和ゆかりの地 太宰府に学ぶ」を開催しました

2019.06.17

令和元年6月16日(日)に、令和ゆかりの地太宰府にある日本経済大学福岡キャンパスで、公開講座「令和ゆかりの地 太宰府に学ぶ」を開催。多くの方にご参加いただき、大盛況に終えることができました。

 


講座では、令和の典拠になった「万葉集(梅花の歌の序文と三十二首)」や「梅花の宴」など筑紫万葉の地、太宰府についてを座学で学び、また、昼食には万葉の時代の食材や味をちりばめた特製「令和御膳」を味わって頂きました。

 


その後、大宰府政庁跡や大宰府展示館、坂本八幡神社など令和ゆかりの史跡を巡り、万葉の文化と心を感じながら楽しく学んでいただくことができました。今後も同様の取り組みを行なっていきたいと思います。

 


 

 

講師 竹川教授の座学

 

本学の料理長よりご挨拶

 

本学でアレンジした令和御膳

 

万葉の時代の食材を解説

 

 

参加者の声をご紹介

■講義は大変興味深く、時間が経つのがあっという間に感じました。お料理には、一つ一つ大変手が込んでいて美味しく、また珍しいものを味わうこともできました。

■とても面白かったです。万葉集が好きで「令和」にときめきました。お食事も想像以上に素晴らしく、満たされました。

■料理の説明も詳しく、目にもきれいで、全部美味しかったです。200点。講義も説明がすべて分かりやすく、楽しかったです。ありがとうございました。

■講演も大変内容が希望していた通りでしたが、思ってもいなかった食事のすばらしさにびっくりしてしまいました。調味料が十分にない中で、素材の味以上に美味しさを引き出してあり、大変美味しかったです。野菜はもちろん、貝肉魚、いつも食べている以上の味でした。

■改めて、令和の新しいスタートに、1つ勉強ができたことが嬉しかったです。食事も当時の再現をして頂いて非常に手間がかかっていると感じました。美味しかったです。ありがとうございました。