商学科

ホテル・観光ビジネスコース

商学科

ホテル・観光ビジネスコース

旅行業及び関連産業のマネジメントを学び、観光立国推進を担うホスピタリティ・マインドあふれる人材を育成します。

ココがPOINT
  • 極めて裾野の広い複合的分野で、旅行・交通・宿泊業以外に文化・イベント・グルメ・テーマパーク・美術館や健康・環境・医療など異なる事業にまたがっています。
    旅行業取り扱い管理者(総合・国内)資格は、ぜひとも取得したい資格です。また観光英語検定や地理検定など旅行関連産業の多くの資格にも挑戦していきます。
    旅行業、航空会社、鉄道会社、クルーズ会社、観光ガイド、添乗員、自治体など幅広い分野で活躍が期待できます。
将来の進路
  • 旅行業、航空会社、JR、空港関係、ホテル、レストラン、イベント企画や自治体など幅広い分野で活躍が期待できます。
  • 観光ビジネスコースで学んだホスピタリティ・マインドは、企業や官公庁のサービス分野で大きな力となります。
  • ニューツーリズムは、街づくり、地域振興、国際交流、歴史や自然環境保全などのNPOツーリズムや障害者に優しいバリアフリーツーリズムなど、これからの新しい分野での活躍が期待されています。
PickUp 観光政策論A・B

わが国は、国際競争力の高い観光地づくりや、観光分野に関する人材育成と活用の促進など観光立国を目指した施策が進められています。授業では、国内各地の観光政策の分析や、海外の観光政策の事例の分析などを深く掘り下げて行います。

Voice インターンシップでの経験が将来の夢を明確に 在校生の声

私はこの大学に入学し、おぼろげだった将来の夢がはっきりしました。どのカリキュラムも魅力的でしたが、特にインターンシップでの経験が、自分の適性を明確にしたと思います。将来は旅行会社で企画販売の仕事をしてお客様に満足してもらえる仕事がしたいと思っています。大学時代の4年間は、ただ経験するのではなく、自分から何かを学ぼうという気持ちが大切です。皆さんも、目標を決めて頑張ってください。

商学科 4 年
沖縄県 那覇西高校出身
新垣 優人 さん

Message from Professor 教員からのメッセージ 中牟田 哲也先生

変化の激しい現代社会。ビジネスも多様化・高度化・複雑化しており、生産・流通・消費・金融・証券等の市場でも大きな変革が起こっています。この変革に対応するために開設されたのが商学科です。企業会計分野では、会計ビッグバン現象が生じ、新しい分野が広がっています。ペイオフ、ストックオプション、金融商品、キャッシュフローや税効果などの知識習得に加え、教員免許や簿記検定などの資格を取得することで、一般企業や官公庁などの経理・財務部門スタッフとしての活躍の道が開かれています。もちろん税理士・公認会計士・国税専門官や中小企業診断士としての道を進むことも可能です。また、旅行業務取扱管理者等旅行関連や語学の資格取得、独自の短期留学制度(ROSE)への参加を通じて磨いた個性を最大限に生かせる活躍の場はグローバルに広がっています。商学科でビジネス・流通の理論や構造、発展性など現状と課題を学び、各種資格を取得し、国際感覚を身につけ、個性を伸ばす場所がここにはあります。