商学科

会計・財務コース

商学科

会計・財務コース

会計の国際基準に精通した幅広い知識と高い問題意識を持った人材を育成します。

ココがPOINT
  • 企業や消費者の立場から財務情報にもとづく企業評価を行い、資産の管理、運用、保全のために必要なノウハウを身につけます。
将来の進路
  • 会計の国際基準に精通した幅広い知識と高い問題意識を持った人材として、グローバルに活動する企業の財務・会計部門、ひいては経営を担うことを目指すことも可能です。
  • 企業の分析の具体的手法を学び、税や会計のスペシャリストとして税理士・公認会計士・中小企業診断士を目指すことができます。
  • 企業の「健康診断」に欠かせない簿記の知識を深化させるために検定取得についても積極的に支援しています。
PickUp 会計学A・B

会計学では、会計環境の変化に対応しながら、企業の経営の実態を会計データとして診ていく処方箋を学習していくことになりますが、この講座では、その学習を進展させていくために必要な会計学の基本的な原理、原則を学んでいきます。

PickUp 原価計算論A・B

製造業における原価計算の基本的な仕組みを理解させることがこの講座の目的です。授業では、多様に活動を続けているメーカーの例を紹介しながら、企業の原価計算がどのような内容で行われているのか、原価を構成する成分ごとにその計算の仕組みを理解させながら、企業経営における会計処理の大切さを考えていきます。

PickUp 専門ゼミ(財務諸表分析)

企業の状況を知るため、新聞記事やその他ニュースなどを利用することもありますが、財務諸表の分析は、今やそのための最も大事なツールとなっています。ビジネスマンにとって重要なスキルです。財務諸表(貸借対照表・損益計算書など)に記載されている内容を分析することにより、企業の状況をより深く理解することの出来る能力を養うために設けられたゼミが、財務諸表分析です。

山口 義勝 先生

Voice 高校の時よりもさらに深い知識を学んでいます。 在校生の声

沖縄から福岡へ進学し、はじめは友達ができるか不安でしたが、留学生の友達もたくさんできて視野がどんどん広がっています。このコースは簿記を中心とした授業が多く、高校の時よりもさらに深い知識を学んでいます。将来は商業の先生になりたいので、教職の授業にも取り組みながら週3~4日はバイトなど、充実した日々を過ごしています!

商学科 4 年
沖縄県 八重山商工高校出身
鹿川 侑香 さん