渋谷NEWS

ROSE留学2014 参加者の声

2014-09-09
石井 裕也くん 2年生

 

なんとなく「行ってみるか」という気持ちで申し込みをしていざイギリスに着いてみると日本とは違った景色が目に映りました。最初は自分の伝えたいことがイギリス人にまったく通じなく苦労しましたが、現地の先生によるマンツーマン英会話の授業を受けて、ある時を境に一般のイギリス人相手に「まあ、通じてるのかな・・・。」という気がした時から楽しくなりました。
ただ、相手の言っていることはスピードが速すぎて理解できない事もあったので、それが理解できたらまた違った世界が見えたと思うともうちょっと勉強してから行くべきだったなと少し後悔しています。

帰国の準備で荷物整理が終わった瞬間「ここを離れなければならない時が来たんだな」と少し寂しく思いました。イギリスに恋をしてしまったらしく去るのは辛かったけれど、その気持ちは置いてきました。「またいつの日か戻って来よう」と強く思っています。異国の地にこんなに情が湧いたのははじめてです。

先生や一緒に過ごしたメンバーのおかげで何不自由なく夢のような時間を過ごすことができ、充実感と感動に溢れる3週間でした。

 

吉澤 健太くん 3年生

私がROSEに参加しようと思ったのは、中学生の頃からイギリスのロックバンドが好きで、イギリスの文化に興味を持ったのと、写真を撮ることが趣味なので、イギリスの街並みを撮りたいなと思っていたからです。

参加してみて思ったこと、感じたことは、イギリスの気候は、日本の8月に比べると寒い方だと思いましたいうことです。なので、パーカーだったり、アウターは必需品だと思います。自分たちが行った年がたまたま寒い年だったのかもしれませんが…。
食べ物は、日本と比べると全然美味しく無いですが、食べられないことは無いです。寮の食堂には、何種類かの調味料があるので、その調味料を使って自分の好きな味にする事をオススメします。イギリスのパブ文化を体験出来た事もいい思い出になりました。

ROSEに参加して良かったと思ったことは、もちろんイギリスの文化に触れられて、観光地を巡ったり、歴史ある建物を観たり感じたり出来たことも良かったのですが、1番良かったことは、福岡キャンパスや、福岡の薬科大、関東の薬科大の人達と知り合えて、新しい友達が出来たことです。地元の友達や、高校生の頃の友達とは違って、異国の地で初対面から始まって3週間一緒に過ごした友達は今までにはない感覚の友達だと思いました。