渋谷NEWS

日経大渋谷祭レポート 10月26日(1日目)

2013-11-08

皆さんこんにちは、渋谷祭実行委員会です!
先日行われた日経大渋谷祭の事後報告をしたいと思います。

 

初日26日 天候 雨

 

初日は台風27号の影響で開催も危ぶまれましたが、台風がそれたため開催いたしました。朝から雨が降っており、たくさんの学生や地域の方々にお越しいただけるかとても不安が募る中でのオープニングでした。

はじめの写真は鵜川実行委員長による開会宣言!!
委員長の開会宣言は台風も飛んでいきそうなくらい素晴らしい開会宣言でした。
続いての写真は伊藤喜良キャンパス長のご挨拶。ご自身の過去のことを面白く語って下さいました。続いての写真は渋谷祭各イベントのリーダー紹介です。
左から模擬店、陳琛さん 日経大のど自慢大会、蒋小蘭さん 和服コレクション異文化の和、土屋絵里菜さん ビンゴ大会、張偉青さん E‐Sport’s大会、高橋夏希さん。どのイベントリーダーも渋谷祭のために一生懸命打ち合わせを重ねてまいりました。
オープニングラストを飾ったのは渋谷祭テーマソングの「Smiling World」です。
日経大バンドから2人のボーカルが盛り上げてくれました。
ここからは2日間のイベントを紹介していきます。

  お茶点と琴の異文化の和のコーナー

最初の写真はマリア館4Fで行われた、お茶点と琴の異文化の和のコーナーです。
まずは、今回和服コレクションと共に異文化の和の練習に多大なるご協力を賜りましたハクビ京都きもの学院様にお礼を申し上げます。
在学生たちは8月の中旬ごろからお茶点てを中心として活動に励んできました。
活動中、何度かお邪魔させていただいた時とはまるで違ってみんな着物にも慣れ、しっかり笑顔でお客様にも対応していて、お琴のほうは楽譜もまるで読めなかったのに、本番では良い音色を奏でており、お茶と合って素晴らしいお茶会になったと思います。
 

模擬店コーナー


続いては、マリア館エントランスホールに参りましょう!!
エントランスホールでは2日間通しでの模擬店です。
まずは26日の模擬店をパート①として、27日の様子をパート②という形で後ほどご報告させていただきます。
今年度も桜ヶ丘商店街の皆様にも出店していただきました。雨の中ありがとうございました。
本学の模擬店は、留学生が多いことから各国の郷土料理を一度に楽しむことができるため、毎年人気の高いものとなっています。 今年は昨年よりも店舗数も多く13店舗の出店になりました。

残念ながら、雨の中の模擬店のオープンになってしまいました…。
中々外を歩いている人が少なく、最初はどうなることかと思いましたが、お昼に近づくにつれて匂いにつられていろいろなお客様が来てくださったみたい!!
やはり雨が降っており寒いせいか、暖かい食べ物や飲み物が売れ行き好調だったみたいですね。それにしても寒い中、朝早くから仕込みや準備で大変なのに頑張ったかいがあり、どこのチームの皆さんも楽しそうにやっていましたね。午後、後半には雨も上がり少しずつ人の流れも出始めてよくなったと思います。
初日はこのあたりにして、また27日のコーナーで模擬店パート②をお送りします!!
続きましては初日のメインイベントに参りましょう。

 

 

World Performer Time & 日経大のど自慢大会

 

World Performer Time と 日経大のど自慢大会です。
こちらは写真と共に紹介していきたいと思います。。。

 

World Performer Time

最初は、我が日経大渋谷キャンパスが誇るダンスチーム‼【Fire Babies】です。
このチームは顧問である石松先生と、リーダーである郭平芝さんを筆頭に、5月ごろから渋谷祭本番に向けて日々練習をしていました。1曲目は「all the way」に合わせてのダンス!
メンバー1人1人の魅力が存分に引き出されていました(^^)
振り付けも全員ばっちり決まっていましたよ~\(^^)/
そして2曲目は「Beat it」♪
先ほどまでの雰囲気とは打って変わって、超キレッキレのダンス!とてもじゃないけどマネなんて出来ません(゚o゚)
246ホールが最高潮の盛り上がりを見せました‼

最後にメンバーである郭平芝さんにダンスを終えた感想をいただきました。
郭「今回の初舞台を終えて各メンバーのダンスに対する熱意がさらに高まりました!今後もFire Babiesをよろしくお願いいたします。」
Fire Babiesの皆さん、お疲れ様でした!


続いては、日経大
ミャンマーの学生たちによる【ミャンマーショー】です。

本学4年生のセインさんを中心に、他1年生の計8名のダンスでした。
セインさんのプレゼンから始まり、その後1年生達による民族衣装と踊りの披露です!同じ国の中でもいろいろな衣装と踊りがあり、自然と目を奪われていました。
ミャンマーの皆さんお疲れ様でした!


そして次はモンゴル出身、本学4年生のバトチメグさんによる【バヤド族の踊り】です。

私たちに馴染みのない踊りでしたが、そんなことを微塵も感じさせない圧巻な踊りを披露してくれました。詳しくは伝えられないので、気になる方は動画をご覧ください(^^)っ
バトチメグさん、お疲れ様でした!


次はベトナム出身、本学3年生のグエンカックバンさんによる【Beat Box】です。

1人ということもあり、緊張しているのかと思いきや…そんなことはまったく無く、見事なボイスパーカッションを披露してくれました。キーボードを使いながらのボイスパーカッションは圧巻!笑
会場全員を惹き付けていました。きっと、これを機会にボイパを始める人も増えるのでは・・・?
グエンさんはのど自慢大会にもでます。両立するのは大変だったと思いますが、こんな素敵なボイパを披露いてくれたのなら!カラオケにも期待したいと思います!
グエンさん、お疲れ様でした!


そして、World Performer Timeのトリを飾るのは、顧問である森光先生と、リーダー本学4年生蒋小蘭さん筆頭に練習してきました、【日経大バンド】です。

本番にたどり着くまでにいろいろな困難がありましたが、それを乗り越えて見事この日を迎えることができました!
1曲目は、蒋小蘭さんのソロ!パワフルな歌声で246ホールを包み込みました。2曲目は小蘭さんとバトチメグさんのツインボーカル!2人の歌声が絶妙なハーモニーを奏で、すてきでした。3曲目は1年生門脇尚哉さん!日経大バンド初の男性ボーカルということで、緊張もあったと思いますが、見事な歌声を披露してくれました。そしてアンコールはボーカル3人とFire Babies代表4人によるスペシャルコラボレーション!曲はもちろん本学のテーマソングにもなっている「Smiling World」!会場は最高潮の盛り上がりで幕を閉じました。そして最後になってしまいましたが、なんといっても忘れちゃいけないのが、曲をバックで支えていてくれていた、本学4年生キーボードのヨンソクさん!彼の演奏はまさに職人((笑 これぞ縁の下の力持ち。
日経大バンドのみなさんお疲れ様でした!
 

日経大のど自慢コーナー


さて、日経大のど自慢大会へようこそ!
今年も相変わらず実力者が揃えた大会であって、ハイレベルの戦いでした。
参加者は全部で10名、みんなが精一杯練習してきたので、歌唱力とはいえ、表現力もなかなかうまいものでした!
それでは、エントリーNO.1から紹介していきましょう!

エントリーNo.1、盛凱倫さん!曲は小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」です。トップバッターでありながら、緊張を感じさせない素晴らしい歌声を聞かせてもらいました。

エントリーNo.2、徐サンヒョンさん!曲は尾崎豊さんの「oh my little girl」です。表現の難しい曲ですが、見事に曲を自分のものにしていました。

エントリーNo.3、今年度渋谷祭実行委員長鵜川裕貴さん!曲は天野春子さんの「潮騒のメモリー」です。彼は司会と出場者を兼任していて緊張もあったと思いますが、堂々と安定した歌声を披露してくれました。

エントリーNo.4、日経大ダンス同好会リーダーである郭平芝さん!曲は中島美嘉さんの「一番綺麗な私を」です。彼女の表現力は素晴らしいもので会場のみなさんの心をつかんでいました。

エントリーNo.5、八井友輝さん!曲は長淵剛さんの「my self」です。声の強弱や感情の入れ方がうまく、曲の良さを引き立たせていました。

エントリーNo.6、ナンハッノインさん!曲はKiroroさんの「長い間」を歌いました。心を揺さぶられる素晴らしい歌声で観客を魅了しました。

エントリーNo.7、盛凱年さん!曲はV6さんの「way of life」です。しっとりと歌いながらも感情が込められており、曲の世界に引き込まれました。実は凱年さんと凱倫さんはご兄弟での出場をしていたんですよ。

エントリーNo.8、グエンカックバンさん!曲はテレサテンさんの「時の流れに身をまかせ」です。とても感情表現が豊かで自分らしく歌い、曲に入り込んでいて不思議と観客をも引き込んでいました。

エントリーNo.9、昨年のディフェンディングチャンピオン、プスパさんです。曲はアンジェラアキさんの「手紙 拝啓15の君へ」です。246ホールに響き渡る彼女のクリアボイスは観客を虜にし、まさに女神そのものでした。昨年チャンピオンの貫録を大いに見せつけてくれました!笑

エントリーNo.10、渋谷祭ビンゴ大会のリーダーである張偉青さん!曲は中西保志さんの「最後の雨」です。彼のパワフルで力強い歌声はのど自慢大会のトリにふさわしいインパクトあるものでした。
 
以上出場者10名の中から選ばれた3人は…

第3位
エントリーNo.5 本学2年生 八井友輝さん

第2位
エントリーNo.8 本学3年生 グエンカックバンさん

そして、栄えある第1位は……
エントリーNo.9 本学4年生 プスパさん

優勝したプスパさん2連覇おめでとうございます!!
来春で卒業されてしまうので、あなたの歌声をもう聞けないのはとてもさみしいと思います。
出場者のみなさん素敵な歌を聞かせてもらって、ありがとうございます!本当にお疲れ様でした。