教員プロフィール 福岡キャンパス

ラフマン モクレスール

ラフマン モクレスールRahman Mokhlesur

教授

知識や能力は人のために使うことによって初めてその価値がわかります。
また人を助けることは自分を助けるのと同じです。
いつ自分が助けを受ける側になるかわからないので元気なうちに互いに持てるものを分ち合いましょう。

◆略歴

学部:ラジュシャヒ大学(バングラデシュ)社会学専攻
大学院:九州大学(教育学修士)、同大学大学院博士後期課程修了

◆キーワード

社会化、開発教育、国際協力・交流

◆担当科目

社会学概論、国際関係論

◆専門分野

教育社会学

◆主な研究テーマ

発展途上国、とりわけバングラデシュにおける国際協力

◆公開講座・学外講座

国際ボランティア論・開発論、国際協力における日本の役割や責任、イスラム社会の文化

◆趣味

国際ボランティア、国際交流、イベント計画や実施

◆所属学会・主な社会活動

所属学会
 九州教育学会
 バングラデシュと手をつなぐ会副代表
 バングラデシュ文化協会代表
 NGO福岡ネットワーク理事
 東箱崎国際交流会実行委員長

主な社会活動
<社会での活動・研究>
 特定非営利活動人バングラデシュと手をつなぐ会副代表、(特活)NGO福岡ネットワーク理事、東箱崎国際交流実行委員長

<高校生・社会人に対する実践可能な出張講義・講演のテーマ>
 国際協力や貢献に関する講義、国際社会の中で日本の役割、イスラム社会に対して一般日本人のイメージなど

<マスコミ(新聞・TV等)へのコメント可能テーマ>
 国際協力、日本社会にとって留学生の必要性、日本人学生がなぜ発展途上国へ行くべきか、発展途上国で学ぶことなど

◆主要著作・論文・発表等

・発展途上国の教育に対するNGOの役割
・バングラデシュにおける私立学校の役割に関する事例研究―万人のための「質の良い」教育へ
・国際教育協力NGOの戦略転換に関する研究