教員プロフィール 福岡キャンパス

西田 栄毅

西田 栄毅EIKI NISHIDA

教授

IT全盛のこの時代に、
識字率が低く印刷技術もまだ発明されていなかった時代に書かれたものを読むことは、
古諺の「温故知新」の実践だと思います。

◆略歴

学部:西南学院大学文学部
大学院:西南学院大学大学院文学研究科修士課程(文学修士)

◆キーワード

愛、名声/噂、美徳、悪徳、価値

◆担当科目

英語、S.D.Seminar

◆専門分野

中世英文学

◆主な研究テーマ

中世英文学における思想と表現の研究

◆趣味

庭いじり

◆所属学会・主な社会活動

日本英文学会
日本中世英語英文学会
外国語教育メデイア学会(LET)
The New Chaucer Society

◆主要著作・論文・発表等

<研究ノート>
「チョーサーの『名声の館』と唯名論について」
The Assembly of Gods に関する書誌的覚え書き」『英語史研究ノート』田島松二・末松信子編(開文社出版、2008)、149-151頁、196-199頁。
The Assembly of Gods に関する覚え書き―問題を孕んだ登場人物たち」『平成20年度 第一薬科大学研究年報第25号』(第一薬科大学、2009年7月)、29-32頁。
The Assembly of Gods に関する覚え書き―反ユダヤ主義の痕跡」『平成22年度 第一薬科大学研究年報第27号』(第一薬科大学、2011年3月)、125-127頁。
「『名声の館』におけるチョーサーの判断中止の試み」『第一経大論集第25巻第1・2号』(第一経済大学、1995年9月)、55-68頁。
「プシコマキアの詩―『神々の集い』の評価のために―」
『第一経大論集第26巻第4号』(第一経済大学、1997年3月)、23-69頁。
「噂ファーマの伝統とチョーサーの価値意識」『第一経大論集第35巻第4号』(第一経済大学、2006年3月)、87-99頁。

<発表>
「The House of Fame における“fame”の価値」(英語史研究会第10回記念大会、2003年9月)。