教員プロフィール 福岡キャンパス

光井 信介

光井 信介NOBUSUKE MITSUI

教授
硬式野球部 部長  ≫ 硬式野球部webサイト

「日本から世界へ健康支援!」、「Never give up!」、
「奇跡は諦めなかった人にだけ訪れる!」
 あなたの挑戦は始まったばかりです、
 自分の目標に向かって日本から世界へ羽ばたいてください。

◆略歴

東亜大学 通信制大学院総合学術研究科 人間科学専攻 / 修士(人間科学)

スポーツメディカルトレーナーとして、スポーツ科学系、リハビリ系の講師、本学の講師、准教授を経て教授。運動選手のフットケアトレーナーとして活動、スポーツ障害を持つスポーツアスリートから一般の足のトラブルを持つ方まで、「足の健康」に関する専門家として、医科学的な根拠に基づいた足の健康相談、足底挿板療法(インソール処方)の開発研究及び基礎研究に携わる。

◆キーワード

静止立位学、動作分析、スポーツバイオメカニクス、予防医学、スポーツ障害予防、足底挿板

◆担当科目

機能解剖学
健康スポーツ演習Ⅰ・Ⅱ

◆専門分野

健康・スポーツ科学
人間科学

◆主な研究テーマ
  • スポーツ障害予防と足底挿板(インソール)の挿入効果に関する研究
  • 静止立位時、歩行動作時の足底分布圧に関する研究
◆趣味
  • ウォーキング&インソール処方が趣味!
  • スキー(元プロスキーヤー)
◆所属学会・主な社会活動

所属学会
 理学療法科学学会
 日本靴医学会

主な社会活動
<社会での活動・研究>
 高等学校及び社会人チームのトレーナー
 体育関連施設からの足圧分布測定の依頼
 市町村からの健康増進のための指導依頼
 障害者スポーツ指導員としての活動
 スキー国際大会(FIS)での活動

<高校生・社会人に対する実践可能な出張講義・講演のテーマ>
 スポーツ障害を持つ選手と足圧分布の関連性
 障害予防に関するインソール挿入の効果
 競技力向上のためのトレーニングについて
 健康増進の秘訣について

<マスコミへのコメント可能テーマ>
 スポーツ障害(予防)と足圧分布の関連性
 スポーツ障害とインソール挿入効果
 介護予防のための健康運動

◆主要著作・論文・発表等
  • 論文
  • スポーツ障害を持った陸上長距離選手に対するインソール挿入の効果 東亜大学大学院論文集,2012
  • アーチパッド付きインソール使用の有無が重心動揺に及ぼす影響 健康科学Vol.31.p.93-97,2009.
  • スポーツ障害を持った陸上長距離選手に対するインソール挿入の効果 実験1)健常群と障害群の足圧分布の比較 実験2)障害群に対するインソールの効果 東亜大学通信制大学院 総合学術研究科 人間科学専攻.1-70,2012
  • 発表
  • 学生の下肢障害の実態と足底挿板使用の有無がパフォーマンスに及ぼす影響 フットケア学会,2010
  • 健康支援ツールの一つである足底挿入挿板の購買意識について 日本健康支援学会,2010
  • Effects of intubation insoles for endurance athletes with sports injuries   日本靴医学会学術集会27,No.1,23,1-1-6,2013,9