福岡NEWS

「インターンシップ」の授業について

2017-02-03

本学が就職に強い大学といわれる秘訣としてキャリアデザイン系の授業が充実していることが挙げられます。
「インターンシップ」という授業では、春学期15回、社会人マナーやプレゼンテーションの訓練を行います。毎回、宿題も出て、かなりハードな授業です。
1人の先生が教壇に立って教える通常の授業と違い、7~8名の先生たちが、毎回、学生たちに直接指導を行います。
夏休みには、実際に企業で1~2週間程度のインターンシップを経験してもらいます。大学から企業さまに、普通の社員と同じように厳しく接してくださいとお願いしていますので、学生にとってとても良い経験になるようです。
自分を変えたい、奮い立たせたいと考えている学生に対して、教員も全力で向き合っていきます。

 

「インターンシップ」以外にも在学生が個性を伸展させ、自分の夢を見つけ、それに向かって努力していく背中を押してあげるようなカリキュラムを取り揃えています。

 

ぜひ、日経大で自分だけの夢を見つけてください。

 

 

 ちなみに、動画の音楽は、本学在学生と卒業生で組んでいるバンド Lapin Hat Music の「彩り」です。