福岡NEWS

在学生紹介 経営学科(芸能マネジメントコース)② 水城優季さん(第一薬科大学付属高校出身)

2017-01-26

 昨年(2016年)11月、本学が主催した「高校生ビジネスプランコンテスト」の総合司会を務めてくれた水城優季さんは、韓国語学短期留学にも参加しています。
前向きで、何事にも積極的な明るい女子学生です。

コミュニケーション能力を身に着けるには一番の大学です Q: 日本経済大学を志望した理由について教えていただけますか。 水城: 高校のころから歌やダンス、司会などで活動していました。
日本経済大学には全国でもめずらしい芸能マネジメントコースがあります。みんなすごく個性が強い人たちばかりです。
普通の大学では学べないことも多くあり、社会に出たときに大事なコミュニケーション能力を身に着けるのは、一番の大学と感じたからです。 Q: 実際に入学してみていかがですか。
水城: わたしは、歌もダンスも、人より秀でているという感じではなく、何か、自分に向いているものを探して行きついたのが司会なんです。
高校のころも、学校のさまざまな行事で司会を任されるまでになりました。
大学でも、昨年11月に開催された「高校生ビジネスプランコンテスト」の総合司会を務めました。 国籍を問わず個性豊かな友人からも色々なことが学べる大学です Q: 韓国への短期留学プログラムにも参加したんですよね。 水城: はい。自宅でお母さんが韓流の作品ばかり見ていて、いつの間にか私もはまってしまいました。
そうなると、やっぱり韓国語を喋れるようになりたい、文字を読み書きできるようになりたいと思うようになりました。

この大学には日韓交流サークルという日本人と留学生が交流するサークルもあります。
韓国人留学生もたくさんいて、韓国語を勉強するにはとてもいい環境です。
夏に韓国の大学に短期留学できるプログラムがありますので、どれだけ韓国語が使えるか、試す意味でも参加してみました。

 

Q: 実際の韓国はどうでした。 水城: 一番、印象的だったのは電車で話しかけてきてくださったおじいいさんです。
方言が強く、また早口なので何を仰ってるかよくわからなかったのですが、私たちが日本人だとわかると、すごくゆっくり丁寧にお話してくださいました。
近隣の観光名所や食べ物のこと、どこの駅で乗り換えたらいいなど、いろいろと親切に教えてくれました。
政治的にはいろいろと問題はありますが、とても親切な人が多く、市民レベルではとてもいい交流が継続できていると感じました。 Q: 今後の目標って定まっていますか。
水城: 語学を勉強しているうちに、その言葉の背景にある文化や風習、考え方も一緒に学べます。とても面白いです。
まだ、明確ではありませんが、外国の人々や企業と接することができるようなお仕事ができたらいいなと思っています。     Q: 最後に日本経済大学の魅力ってなんでしょうか。
水城: 私は経営学科に所属していますが、その他の学科にもたくさんの留学生、全国各地から集まった学生たちがいます。
みんなすごく個性的な人たちで、そういう仲間たちと一緒にいると自然とコミュニケーション能力が向上していることを実感できます。
いろんな人たちの考えや夢を聞くのも楽しいです。
授業だけではなく、たくさんの個性豊かな友人たちからもいろんなことが学べる大学だと思います。

 

 

 水城さんは、学内の先輩や後輩、同級生からの信頼も厚く、本学を代表するムードメーカーです。
なんといっても、明るく何事にも積極的にチャレンジする姿は、他の学生にもいい刺激になっています。
水城さんの夢の実現に向けて、精一杯、応援したいと思います。