福岡NEWS

本学グループ総長、都築仁子の『「和魂英才」のすゝめ』が発刊されました

2016-11-01

2016年11月1日に迎える学園創立60周年を記念して、「『和魂英才』のすゝめ」が、10月21日(金)PHP出版より刊行されました。

 

大学、大学院から幼稚園、保育園まで3万2千人が学ぶ、都築学園グループの総長、都築仁子が「グローバル時代において、日本人はどう生きるべきか」を解説します。

 平安時代、菅原道真公は「和魂漢才」を提唱し、明治時代には「和魂洋才」が謳われたように、グローバル時代を迎えた現代に必要なのは、大和心や和の精神を大切にしながら、英語をツールとして使いこなす「和魂英才」

 本書では、「日本国の持つ個性、固有の文明に誇りを持つだけではなく、それを世界や地球のために役立て、貢献できる日本人を育てる」ことを掲げる総長が、自身の半生を振り返りながら、教育の真髄を語ります。

 

■『「和魂英才」のすゝめ』
【著 者】
都築仁子
【出版社】
PHP研究所
【定 価】
1,620円
【目 次】

第一章 人生は出逢い
第二章 「自主独立」の学校経営
第三章 「個性の伸展」をはかる教育
第四章 世界へ羽ばたけ! 日本の伝統精神
第五章 「和魂英才」教育の実践
第六章 「個性の伸展」の世界戦略