福岡NEWS

『韓国留学2016』レポート 【前半:Day1~5】

2016-08-11

今年も『韓国留学2016レポート』をお送りします。今年は8月7日から20日までの少し早めの日程で、本学の提携校である釜山の「東西大学」での『韓留:韓国語・文化研修』がスタートしました。韓国有数の総合大学である東西大学が本学生のためだけにデザインしてくれたプログラムだけあって、年々参加者が増え、ますます充実したプログラムになっています。研修中、参加者は大学の学生寮に滞在し、現地校の生徒とも交流を深めるなど、大変充実した研修生活を過ごします。今回は前半1~5日目の様子をレポートします。

 

【DAY 1】 
●釜山空港到着 ~ 各キャンパスから集まった“志を同じくする仲間たち”。引率は福岡キャンパスの呉先生。

 

●さあ夕食、焼肉食べ放題!明日からのハードな授業に備えて。さて、みんな仲良くなれるのでしょうか・・・?

 

【DAY 2】 
●早くも2日目の朝食・・・。昨晩の焼肉のせいでボリュームは控えめ。その割にテンションは上がっているようで何より。

 

●韓国語の授業は例年通り素晴らしい先生とプログラム。午前中の3時間があっという間に終わりました。




あ~、韓国ならではのランチ 男女別テーブルは変わらないものの、みんなやや打ち解けた様子・・・。


 

●午後からの「陶磁器体験」では、真剣に世界中にただひとつ・自分だけの作品制作にみな一生懸命でした。

  
 

●夕食はプサンで大変有名なチャンポン屋さんで食べました。チャンポンもチャジャンメンも酢豚も全部おいしかったですよ!

 

【DAY 3】 
●研修3日目は釜山のツアーに出かけました。まるで水中散歩してるような水族館アクアリウム、韓国八景にも数えられる
リゾートビーチの海雲台ビーチ、国際コンベンションセンターBEXCOなどを見学しました。

午後からはプサンの名物である「おでん作り」にチャレンジしました。

ちなみに、お昼ご飯はサムゲタンを食べましたよ。お腹いっぱいです・・・。

 

【DAY 4】 
●研修4日目は、午前中にキムチづくりの実習を行いました。自分で作ったキムチは日本に持ち帰り、家族の方々と一緒に食べてもらいます。


日本に戻るまで酸っぱくなりませんように(>_<)。東西大学の先生が学食の冷蔵庫に預かってくれましたので、大丈夫でしょう。
午後からは韓国語の集中授業です!

 

【DAY 5】 
●研修5日目は、慶州(キョンジュ)ツアーに行きました。「屋根のない博物館」と言われる慶州。
仏国寺は1995年に世界遺産に登録され、韓国の名勝・史跡第1号にも指定されています。

 

●お昼ご飯は慶州貴族(ヤンバン)村で、韓国の伝統食である韓定食を食べました。お店も大変伝統的。



ランチはご覧の通り、それは絶品でした!

午後からは、約90年の歴史を誇る国立慶州博物館へ行き、新羅(BC57~AD935)の首都であった古都・慶州の文化遺産を見学しました。
 

次回は韓国留学レポートの後半をお送りします。