福岡NEWS

本学 後藤俊夫教授と落合康裕准教授の研究成果が日本経済新聞電子版に掲載されました。

2015-09-15

9月9日付の日本経済新聞電子版において「『同族』は5割以上に 上場3600社・最新調査」の記事が、本学の後藤俊夫教授および落合康裕准教授をはじめとする10名の共同研究グループの成果として、2ページにわたって掲載されました。同誌では、国内の全上場企業約3,600社を対象とする実態調査(所有と経営の状況により8区分)に基づき約52.9%の企業が創業家等とゆかりの深いファミリービジネスに該当するという調査結果が紹介されました。世界的にファミリービジネスに対しての再評価がなされてきている中、当該領域における日本ではじめての本格的な実証研究として今後の進展が期待されます。

 

(出所)日本経済新聞電子版「ビジネスリーダー」ホームページ
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO88806530S5A700C1000000/
〈アクセス日:2015/09/15〉