福岡NEWS

「ROSE 2015」レポート Part 10: 帰国

2015-09-10

これが最後の「ROSE 2015」レポートです。
 

•9月8日(火):帰国前日。午前中は荷造り、午後は(最後の)自由時間でした。誰がどこで何をしていたのか不明なので、カレッジ最後の昼食と夕食の様子をご紹介します。
最後の一週間、昼食だけは別室(↓)で頂くことになっていました。最近、急にカレッジ泊のお客様が増えたため。ホーランドからの方々が多かった気がします。この部屋は眺めも良く静かで悪くないのですが、寝てるのか出かけているのか、空席も目立ち、余計ひっそり感が…。



(↑)「もちーっと笑ってくれんかいな?最後のランチ写真やけん。頼むばい!」…「ういーっス!」

(↓)今日は超厚ローストビーフ(1cm超)、皮固ポテト、パスタ、お好みサラダのトッピングにグレービーソースかけ。なんでも山ほど一つの皿に盛るのが「ここ流」…と言うのは正確ではなくて、いつの頃からかサラダ皿が出なくなったからこういう結果になりました(盛り付けが汚くてすみません)。しかし、「あ、もういいです!」と言わないと、何でもお玉山盛り2杯つがれてしまい、山ほど残してしまう上に、正体がわからなかったり、組み合わせが不可だったり、ベジタリアンしか選べなかったりと、いくつも困難が立ちはだかるので、食事を盛ってもらう時は毎回英会話ガチンコ勝負。


そして夕食(↓)。七面鳥のロースト(右に顔を出している)、パスタ、サバの蒸し焼き、インゲン乗せ、グレービーソースかけ。またお見苦しい盛り付けですみません。本当は、メインは七面鳥かサバかのどちらかという決まりでしたが、お姉さんにお願いしたら、「え?両方?しょうがないわねえ、ま…いいわ。」と困った顔をして盛ってくれたもの。(青リンゴは酸っぱい酸っぱい!チーズケーキは意外に美味でした)

さらに、午後7時を15分過ぎると厨房へのドアが閉まってしまい、ご飯がもらえなくなってしまいます。こういうところはなぜか厳しい。(↓)やっぱり全員は揃わず…。出かけて戻ってきてないかな?部屋でカップ麺かな?それとも、「Yo! Sushi」 か 「WASABI」 でテイクアウェイでもしたかな?

こういう最後の夕食でした。アレックス先生は、緑茶のティーバッグをロンドンで買って来てくれて、欲しい人に配って下さっていました。
明日は朝5時、ロンドンへ向けて出発します。今晩、寝るかオールするか、みんなかなり悩んだと思います。
 

•9月9日(水):とうとう帰国日。朝4:45に Porter's Lodge 集合としていましたが、4:50には全員集合完了。さずが!これには感心しました。カレッジからは朝食のお弁当(パン、ジュース等)まで出して頂きました。

改めてロビーに掲げられている Benefactors のボードを見上げてみました(↓)。(ブレてしまってすみませんが)左列下から3行目には「TSUZUKI SOGO GAKUEN」。

(↓)まだ暗いし寒いけど出発。4:55AM。気温は10℃くらい?

(↓)バスのドライバーは今までお世話になってきた John さん。陽気で時間に正確、きれい好きで安全運転。荷物も重いのに、一人一人声をかけながら一生懸命積んで下さいました。

2時間弱、バスに揺られてロンドンヒースロー空港へ。

(↓)「ROSE 2015 参加生」全員での最後の集合写真。この後、アレックス先生はオックスフォードに帰って行かれました。3週間いつも一緒だったのに…(涙)。本当にどうもありがとうございました。

"Class of ROSE 2015" : 21 students from the Tsuzuki Gakuen Group with Professor Alex Binns at London Heathrow, September 9th (06:34).
ここから9:55発、アムステルダム(オランダ)行の飛行機に乗り、アムステルダムで福岡組と東京成田組は最後のお別れを惜しみました。

以上、「ROSE 2015 レポート」を終わります。イギリスで親切にして下さった多くの方々、そして日本でご支援頂きました皆様方、どうもありがとうございました。お陰様で全員無事に帰国することができました。来年の「ROSE 2016」レポートをどうぞ楽しみに!