福岡NEWS

「ROSE 2015」レポート Part 2: CambridgeからOxfordへ

2015-08-24
• 8月22日(3日目):ケンブリッジ大学 Fitzwilliam Collegeでの英語の授業が始まりました。


ROSEプログラムでは、午前中はほぼ毎日英語の講義。座学だけで約40時間、午後の学外実習に備えます。
2クラスに分かれ、初日のオリエンテーションが行われました。

”教室では英語以外の言語の使用は一切禁止” の注意がありました。そしてイギリスの発音に慣れること…。
  午後は、ケンブリッジの街の見学と、カム(Cam)川のパンティング・ツアーを楽しみました。晴れて何より。    


• 8月23日(4日目): 早速ですがオックスフォード大学に移動。バス(coach)で2時間の午前の旅でした。
ケンブリッジにはロンドン研修後の9月2日に戻ってきます。

ランチは研修先となるオックスフォード大学セントアンズカレッジ(St. Anne's College)にて。

皆さんかなりお腹が空いていたようで、充実のバイキングをガッツリ。きれいなカフェテリア(カレッジ学食)で。
イギリスでも ”カレー” は大人気。ほぼ国民食だそう。

そしてカレッジ・ツアー。洗濯やアイロン場は現実的にかなり重要。なぜならパーティーがありますから。 オックスフォードでは、ROSE参加者のためだけにカレッジ長の Alex教授が Welcome Dinner を準備して下さり、
みんなドレスとスーツの正装で出席し、フルコースのディナーを楽しみました。

次回は 8月24日(5日目)からのオックスフォードでの英語授業の様子、ハリー・ポッターの撮影で有名な
クライスト・チャーチ(Christ Church)見学、等々をお送りします。どうぞお楽しみに。