福岡NEWS

第1回FUKUOKA GLOBAL VENTURE AWARDSに参加しました

2014-10-23

10月18日(土)12時からアクロス福岡で開催された第1回FUKUOKA GLOBAL VENTURE AWARDSに参加しました。このイベントは国内・海外で活躍するベンチャー企業による英語(同時通訳あり)でのビジネスプランコンテストで、福岡市が雇用の拠点として国家戦略特区に指定されたことを機に、福岡市で開催されたものです。コンテストには最終審査を通過した日本(6社うち福岡の企業3社)、韓国(2社)、台湾、シンガポール、タイ(各1社)の計11社が参加しました。本学からは私、瀧内と、商学科の王政さんが参加しております。
 

最優秀賞には東京のユニバーサル・サウンド・デザイン社の提案した耳につけなくとも聴力を強化する革新的な製品が選ばれましたが、そのほかにもタイの会社によるフルーツ・ベジタブルの真空乾燥技術、福岡のKYULUX社による次世代の有機ELによるディスプレー技術など面白いものがありました。
 

ビジネスプラン、ベンチャービジネス、アントレプレナーシップ等の授業で起業について説明しておりますし、福岡が特区に指定されたこともお伝えしております。これからは終身雇用の日本的経営が続く時代ではないと思われますので、学生の皆さんの中で、こういうイベントをきっかけに起業してみようと思う方がおられたらご連絡ください。可能な限りお手伝いいたします。

 

経営学科教授 瀧内 洋
 

≫発表の詳細はこちら 興味のある方は是非ご覧下さい。

 

コンテスト会場の様子

写真左が瀧内先生、中央が王政さん、
右は審査員を務めた福岡市経済観光文化局理事 合野弘一様