福岡NEWS

イギリス人留学生が 『茶道体験』 ~しびれあり笑いありの日本文化実習

2011-02-28

 去る2月18日(金)、イギリスのオックスフォード大学、ケンブリッジ大学からの留学生たちが
日本文化の授業の一環として「茶道」を体験しました。場所はケンブリッジハウス(学生寮)内の本格的茶室。
人数の関係上、待ち時間を少なくするため、10人を5名ずつ2回にわけて行われました。
講師は日本語教師でもある本学国際交流センターの白土先生。

 まずお茶室に入り、茶室の設えの説明です。  「茶室には季節にあった掛け軸とお花があります」
続いて茶室でのふるまいや歴史、お茶・お菓子のおはなし(濃茶と薄茶、主菓子と干菓子について)。
最後に、薄茶と干菓子のいただきかたを教わると・・・ 「食べ方、飲み方には作法があります。」

 さ さっそく実際に流 れの中でお菓子とお茶をいただき、茶道を体験。

まずは生まれて初めて(?)の正座から もう正座を勘弁してもらった人も・・・

 

なかなかサマになっていると思います! こちらも!

感想:『日本文化の茶道に触れることができて、嬉しかった。はじめは決まり事が多く、
窮屈でしかなかったが、"おいしいお茶とお菓子をもって、主客ともに楽しみ心を通い合わせること”
は忙しい現代人にとって貴重な時間なのではないかと思いました。正座に慣れるには
まだまだ時間がかかりそうですけれど・・・』
  なるほど。 ・・・みなさんおつかれさまでした。