日本経済大学 福岡/渋谷/神戸
福岡NEWS
line_pttl
ラジャマンガラ工科大学(タイ)の研究視察団一行が本学を来訪
2017/11/07

ラジャマンガラ工科大学クルンテップ校は、工学部、家政科学部、人文学部、経済、経営学などがある国立の総合大学で、今回は英語課程のInternational College の教員・学生計13名が10月22日に来学され、1週間にわたり、本学学生との合同授業を始め、企業訪問、八女市の緑茶産業視察、福岡市内観光スポットなどを本学英語ゼミ・観光ビジネスゼミなどの学生の案内のもと視察しました。

 

歓迎式典では、プラタナ先生から中牟田福岡キャンパス長に記念品贈呈が行われ、

又、去年ラジャマンガラ工科大学に留学した本学4年の宮本君と穴井さんが

英語による歓迎スピーチを行い皆さん大変感激されました。

 

本学ケンブリッジ寮茶室での茶道体験、インドネシアの女子学生も初めての着物体験です。

 

真鍋教授の「国際経済学」の授業で、アジアの文化・経済について発表するパキスタン・インドネシア・タイ人の学生達。

 

初めての柿狩りと熊本城復元状況視察、まだまだ被害の爪跡が散見されました。

 

八女伝統本玉露・しずく茶について貴重な試飲とご説明を八女市役所の椎窓孝雄様からご説明いただきました。

 

見渡す限りの茶畑を望む八女中央大茶園には、同行者も初めてで感動的な光景に全員声があがりました。

ご案内いただいた八女商工会議所 専務理事 萩尾 猛様にお礼申し上げます。

 

株式会社牛島製茶の専務取締役牛島啓太様には、茶畑・工場内をご案内いただき、

参加者も興味津々で大変有意義な時間でした。

本当にご協力いただきありがとうございました。

 

学内ビジネスプランコンテストにも参加し、見事優秀賞と特別賞を獲得しました(中央 通訳石山君)。  

商学科3年生合同ゼミ・麻生先生の英語ゼミクラスとの合同授業では、ラジャマンガラ工科大学生の3チームによる、

「タイにある日本食レストランでのタイ人の態度」についてのアンケート分析発表や

各国での握り寿司の食べ方の違いなど活発な意見交換会が行われました。

 

1週間の研究視察も終わり、デイキン国際部長から修了証書をいただきました。

  今回のInternational College の視察チームには、

タイ人の他にインドネシア人3名とパキスタン人1名が参加していたこともあり、

交流については、すべて英語が使用され、英語ビジネスゼミの学生、現地留学経験者である宮本・穴井・片山君、

タイ出身のヌッタポン君始め観光ビジネスゼミの学生たちが色々応援してくれ頼もしい限りでした。

  国際部では、今後も積極的な国際交流を進めていきます。留学相談があれば、国際部に気軽に来室ください。

 

最新20172016201520142013201220112010


icon_02
  • 建学の精神
  • 学科とコース
  • オープンキャンパス
  • 国際交流
  • アクセス
  • 資料請求・お問い合わせ
  • 個人情報について
  • top
    top 上に戻る
    icon_02 サイトTOPへ

    (C)2010 JAPAN UNIVERSITY OF ECONOMICS All Rights Reserved