経済学科

アジア経済コース

経済学科

アジア経済コース

世界の中の日本、アジアの中の日本という視点から、世界各国の結びつきの中で、地球社会全体の明日を考える。

ココがPOINT
  • 経済理論を学習したうえで、アジア経済圏、アメリカ、ヨーロッパ連合、BRICs 経済圏がどのように経済発展を遂げてきたのか、その要因とプロセスを学習し、それらの経済圏や国と日本の関係、またこれからの方向性や地球規模での環境問題等への取り組みを検討します。
将来の進路
  • アジア、アメリカ、ヨーロッパ地域の経済や国際関係を理解することで、グローバルな活動をしている商社や外資系企業が考えられます。
  • 国内の企業でも、金融、サービス業などを中心に国際的知識を必要としている企業は多くあります。そのような企業での海外支店勤務や出張を考えると語学力は必要条件です。
  • 流通(卸・小売)業は、規模の大小を問わず、ITの進歩により海外との取引が増加していることから、能力を発揮できる場となりえます。
Voice 少子高齢化が進む日本経済のことをもっと知りたくて 在校生の声

経済政策とは何かを理解し、その基本的な考え方、政府が行う経済政策の目的と手段、また経済政策の決定プロセスとその問題点などについて学び、個別の経済政策や今後の政策問題についても検討する。

佐々木 正廣 先生